外貨より仮想通貨の方がアービトラージに向いている3つの理由

アービトラージの取引は、基本的には仮想通貨を活用する事になります。外貨などを活用するFXでも、一応はアービトラージの取引は可能です。しかし曜日や口座凍結などを考慮すると、やはりコインで取引する方が良いでしょう。

外貨よりも価格差が大きい仮想通貨

アービトラージという取引手法は、基本的には価格差に注目する事にはなります。その特性上、外貨FXでもアービトラージで取引する事は一応可能なのです。
しかし外貨の場合は、あまり価格差は開いていません。実際に各社のレートを確認してみると分かりますが、それほど大きく数字が離れている訳ではありませんから、発生する利益も若干限定されるデメリットがあります。
それに対して仮想通貨の場合は、取引所の価格差は比較的大きいです。外貨よりも差額が大きいので、利益額も比較的大きくなる傾向があります。ですから稼ぎたい方々は、FXでなく仮想通貨に注目している事も多いです。

取引できる曜日が幅広い仮想通貨

また仮想通貨は、取引できる曜日に関するメリットもあります。そもそもFXのような商品ですと、どうしても取引の曜日は限定されてしまうのです。基本的には平日限定になってしまいます。ですから平日が忙しい方々の場合、なかなか取引できない事も多いです。
それに対して仮想通貨の場合は、かなり幅広い曜日に価格が動いています。そもそも仮想通貨は、外貨とは特性が大きく異なります。電子媒体のお金になりますし、土日でも動く性質があるのです。
人によっては、平日は少々忙しくても土日に取引できる事はあるでしょう。その場合、やはり外貨よりは仮想通貨がおすすめです。

口座凍結されやすいFX

ところでFXは、アービトラージに関する注意点があります。その手法で取引すると、口座が凍結されてしまう事があるからです。
というのもアービトラージという手法は、かなり短期的に売買する事になります。さながらスキャルピングのような取引スタイルになりますから、業者によっては口座が凍結されてしまう事も実際あるのです。あまり頻繁に取引をしてしまうと、金融業者のサーバーに対する負担が大きくなるからです。
それに対して仮想通貨の場合は、スキャルピングが禁止されているケースはあまりありません。沢山の取引所はありますが、FXほどスキャルピングに厳しいわけではありませんから、アービトラージに向いている一面があります。
以上の点を考慮すれば、アービトラージで取引したい時は、やはり外貨FXより仮想通貨の方が良いでしょう。