そもそも仮想通貨って?基本について抑えておこう!

1. そもそも仮想通貨とは?
仮想通貨とは、どこかの国の通貨ではなく、ネットを介して取引を行なう電子通貨のことです。例えば、日本では円を、アメリカではドルを使うというように、特定の国の通貨として定められているものは「法定通貨」という種類の一つです。これはその国では貨幣として認めていますよ、という通貨のことです。
それに対して「仮想通貨」は前述の通り、どこの国にも属しません。このような通貨が現在扱われるようになった背景として、暗号技術の発達によるものが大きいです。
暗号技術が発達していない状態で仮想通貨のやり取りを行なうということは、仮想通貨のやり取りを悪意ある人物が意図的に歪めてしまう事ができるのです。

例を交えて考えてみると、AさんがBさんへ日本円にして500円分の仮想通貨による取引を行なったとします。ここで取引をするときにネットを介して行なうのですが、その取引をCさんという悪意ある人物がAさんからBさんへ情報が通信されるときに傍受し、取引に関係する情報を書き換えることができるのです。
こういった事態を防ぐためには、通信を防御する術、つまり暗号技術の発達が必要なのです。

このように、技術の発達により可能になった仮想通貨ですが、世界に広まった理由はこれだけではありません。仮想通貨は現実の貨幣としても使えます。

2. 仮想通貨はどう使うの?
仮想通貨はどこの国にも属さない通貨であるというのは前述したとおりです。であれば、どこの国でも使えないのでは?という疑問を持たれるかもしれません。
しかし、仮想通貨は法定通貨、つまり現実の貨幣との為替が行えるのです。そのため、仮想通貨は特定の国、例えば日本で使いたいとなれば、仮想通貨を円に交換することで、使用できます。ここは外国為替と同じですね。仮想通貨の交換できる場所は、DMMやヤフーグループ、GMOといった有名どころがあります。
現実でのお金としても間接的に使える仮想通貨ですが、これだけだと、現実の通貨を使う方が、仮想通貨と法定通貨の交換しないぶん、楽だと思われるかもしれません。しかし、ネットを介してのやり取りである、という点がここで重要になってきます。

3. 仮想通貨の便利なところって?
ネットを介して仮想通貨は取引される性質上、国内だけでなく、国外との取引時も送金がスムーズに進みます。
また、外国通貨を国内通貨へ変える際に掛かる手数料もかからないためお得です。
他にも、国同士の関係が悪化した場合に、取引がしづらい、できなくなるといった事態でも仮想通貨であれば取引を継続できます。